サイトマップ | ATOM | RSS2.0 | ROR

自動車保険は選ぶ時代

自動車保険は、以前は、どこの保険会社でも、契約条件が同じであれば、保険料に差が生じることはありませんでした。
そのため、自動車保険選びにそれほど悩む必要もなく、毎年どこの保険会社で更新しても、保険料に違いはなかったのです。

しかし、1998年に自動車保険が自由化されてからは、保険会社によって新しい料率や加入条件で、保険料に格差が生じるようになりました。

保険の種類が豊富になった分、選択肢が拡がったため、どれを選べばよいのか分かりづらくなってしまいましたが、インターネットの見積もりサイトを利用すれば、各社の自動車保険の保険料も一覧でき、補償内容やサービス内容も簡単に比較することができます。

見積もり時に生じている保険料の格差をしっかりと読み取り、自分に合った保険を賢く選択しましょう。

自動車保険比較で自分に合った、安い自動車保険を決めよう

最大20社を比較できて、操作性の良い見積もり画面で入力も最短5分、そして嬉しいマックカード500円分プレゼント。
自動車保険を比較するには、まずはインズウェブで見積もりするのがオススメです。 自動車保険一括見積もりのインズウェブ

イオンの自動車保険見積もりはその場で最大18社の見積もりが見られるのが特徴です。
急いでいる場合やその場ですぐに比較出来るので、時間が無いあなたへ最適な比較サイトとなっています。
イオンの【無料】自動車保険比較・見積りサイト。最大18社お見積り

カービュー自動車保険一括見積りは、無料で最大9社の見積もりを比較できます。
外資系から国内の大手保険会社の保険料を比較できます。
また、シンプルな入力画面で間違った時も赤字で表示されますので、スームーズに訂正出来、見積もり出来ます。
カービュー自動車保険一括見積り

保険を安くするには外資系も選択肢

外資系自動車保険といえば、国内の保険会社よりも保険料が安いことが魅力です。

では、なぜ外資系自動車保険は保険料が安いのでしょう?

まず一つには、リスク細分型保険のためです。
リスク細分型保険とは、事故を起こしにくい人ほど保険料が安くなるという保険です。
運転の経験年数や事故の有無、年齢、性別、居住地域、安全装置の有無、使用目的、種別、使用状況など、リスクを細かく分けた上で、保険料に反映させていく保険のため、条件が合えば、保険料を安く抑えることができます。

もう一つの理由としては、販売形態が、無店舗通販ということです。
代理店を通さない分、手数料が発生しないため、コストが抑えられ、保険料も安くなります。

保険料を少しでも安く抑えたい人には、外資系自動車保険がおすすめです。

引越し業者見積もり

関連カテゴリー: 選び方

安い自動車保険を選ぶには:カテゴリーリスト

見積もり / 種類 / 選び方 / 等級 /